小学生ワキ毛思春期情報

ワキ毛が生え始める頃の子供の体の変化

子供の成長は嬉しいですが
心配なこともありますよね。

うちの子もそうでしたが小2の3学期頃から急に身長が伸びはじめ、
一年間に10cm以上は伸びたと思います。

生理も早かったし、思春期も早かったです。

思春期って中学生がなるのでは??
そう思っていたので少しびっくり、、
最近の子供は20年前に比べてかなり成長が早くなっていて
早い子では7歳くらいから思春期に入るんだそうです。

心も体も少しずつ大人へと近づいているんですね。

思春期(第二次性徴期)に起こる体の変化について調べました

思春期(第二次性徴期)には様々な体の変化があります。
女の子は8歳〜9歳になると
● 身長が急激に伸びる
● 胸が膨らむ
● 腰や体が丸みを帯びて女性らしい体になる
● ワキ毛や陰毛が生えてくる
● 10歳くらいになると初潮を迎える

そして男の子も同様に同じ年のころ
● 身長が急激に伸びる
● ワキ毛や陰毛が生えてくる
● 次第にがっしりとした体つきになる
● 口ひげが生えたり、
● 声変わりが起こる
● そして精通が訪れます。

このような体の変化は脳下垂体で性腺刺激ホルモンが分泌されるため
女の子は卵巣で女性ホルモンが、男の子は精巣で男性ホルモンが作られます。

このホルモンは血液と一緒に体の中に運ばれて少しずつ大人の体へと
変化していくそうです。

そしてこの思春期(第二次性徴期)の時期は生まれてから2番目の成長期であり
最終成長期でもあります。


思春期の時期は女の子で約22cm、男の子で約25cm
も大きくなると言われています。

その後は急激な伸びはなくなるので
今はクラスで飛びぬけているうちの娘も
だんだんと他の子に抜かれていくという現状があるようです。

たしか私もそうでした小6の時は後ろの方だったのに
中3の時には前の方、、

そう考えるとなるべく遅く思春期を迎える方が
身長は高くなるということが分かります。


だから、この最終成長期を早く終わらせてしまわないように、
生活習慣や食生活を整えることが大事だという事です。

身長の高さは遺伝的要素が関係しますが生活習慣や食事のバランスも
大いに関係している事が分かっているようです。

平均的な初潮時の体型は

★ 身長150cm
★ 体重42kg
★ 平均年齢12歳
★ 骨年齢12歳3ヶ月

と言われています。ただし個人差はあるようです。
しかしある調査では思春期の始まりと終了を早めてしまう原因があるということも
言われています。

★ よふかしや寝不足
★ カロリーの取りすぎ
★ 過剰なストレス

日頃から早寝早起きに心がけ、甘いお菓子やジュースを控えめに、
また、過剰なストレスをかけることにより成長ホルモンの分泌が阻害されてしまう
ので
日頃から叱ってばかりのお母さんは注意が必要ですね。

うちの娘は寝る時間が遅いですし、体型もぽっちゃり型、
私は結構叱る方かもしれません。

また、夫婦喧嘩が多い家庭の子供も思春期が早まる傾向があるようです。
その理由は過剰なストレスに関係すると思うのですが、
夫婦喧嘩が多いと子供は身の危険を感じて早く大人になろうとして、
早く骨が固まってしまい
身長もあまり伸びなくなってしまうようです。

今更遅いかもしれませんが思春期の終了を早めないためにも
少し考えていきたいと思います。

今回、思春期の子供の成長の事について調べてみて
私も勉強になることが沢山ありました。

思春期を迎える時期はもちろん遺伝的要素も多くありますが、
少しでも遅らせることができるなら、できるだけ平均的な年齢で
思春期を迎えさせてあげたかったと思います。

また、思春期は心の変化もあります。

成長が早かった分親はまだまだ子供だと思っていても
少しずつ大人へと成長しています。
ある程度親の方も子離れしないといけないのかもしれませんね。

>>ワキ毛が生え始めると身長の伸びが止まる?
>>小学生なのにフケが出るのはなぜ?対処法はフケ原因菌を抑えるシャンプーですっきり!

思春期の子供の脳の働きについて調べてみました

最近うちの娘もそうですが、思春期の子供って
親の言う事はきかないし、口は悪いし、
注意すると逆ギレするし、
親としても対処に困る事ばかりです。

● 思春期に子供はどんなことを考えているのか、
● 思春期の子供の脳ってどうなのか気になったので調べてみました。

子どもの脳は思春期の頃、体の変化とともに脳の成長も著しく変わっていくようです。
この頃の脳の発達は青少年時期に最も大きく変化し、、20歳半ばくらいまで
続くと言われているようです。

また、脳はこの時期の行動や思考、感情の影響によって発達していくと言われています。
思春期の脳は新しい事にとても興味を持っています。
だから常に新しい経験、やったことのない経験を探しているようです。
でも、十代の子どもの脳はまだ完全なものではないので、
自己制御や判断力には欠けているため、時として危険な方向へ進んでしまう事もあるようです。

なぜなら、問題の解決や意思を決定する働きをする前頭前皮質という部分の
発達が未熟であり、前頭前皮質は最後に発達するからだそうです。

また、思春期のホルモンの働きが危険な行動へと駆り立ててしまうようです。

だから、この時期に信頼できる親のサポートはとても大事だということになります。
思春期の親の関わり方は子供の成長にとても影響を及ぼすようです。

思春期の脳には多くの変化が起こっているようです。
また、発達中の脳は大人の脳よりもストレスに弱く、
思春期に受けた悪い影響は今後の人生にも関わってくるようです。

だからといって親が子供をベールに包むような行動は子供が親を疎外する可能性があるようです。

思春期の脳は未発達なため、リスクを負ってしまうことがあります。
その結果ストレスが多く冷たい態度をとってしまうこともあるようです。

まとめ

  • 思春期の脳は行動、思考、感情に影響されやすい
  • 思春期の脳は新しい事に興味を持っている。
  • 時として危険な方向へ進む
  • 前頭前皮質が未熟なため自己制御や判断力に欠ける。
  • 思春期のホルモンの動きが危険な行動へ駆り立てる
  • 思春期の脳は大人の脳よりストレスに弱い
  • 思春期の脳はストレスが多く冷たい態度をとってしまう

思春期の脳の働きを知ると今までの子供の行動、言動の意味がわかった気がします。

危険な行動をしてしまわぬように守ってあげる事が大事ですが、
どのような言葉で、行動で、態度で守ってあげるべきか、
深く考えさせられました。

親の威厳を保つのではなく、
親は人生の先輩として助言できる立場、
友達の事、好きな人のこと、恥ずかしいこと、今、怒っていること
自分が不満に思っている事、何でもオープンに相談したい相手として
選んでくれるようになりたいと思います。

これからも子供の成長を見守りながら私も勉強していこうと思います。

小学生のワキ毛処理は親子で一緒に出来る方法で・・

最近の子供は20年前と比べても
成長の早い子供が多いと言われています。

小学校の低学年からワキ毛が生え始めることも
珍しくないようです。

それでもクラスの中で飛び抜けて成長が早い子供は
自分のワキ毛が生えてきたことに驚き不安に思うことと思います。

まだ小学生ですから親が正しい処理の仕方を教えてあげることが
大事だと思います。

思春期は悩みやストレスを沢山抱えていますから、
ムダ毛の悩みや好きな男の子の話をしながら
女性同士で一緒にムダ毛の処理ができればいいですね。

安全で痛みのない方法でお肌をいたわりながら
親子でスベスベのお肌を目指してみてはいかがでしょうか。

>>親子で一緒にできる安全で痛みのない抑毛ローションのページはこちら

このページではサイト訪問者の方々が格安価格で通販や申し込みが出来るように楽天などの販売店を調べ、激安、格安、最安値、送料無料で購入できるか、無料、お試し、トライアルキット、トライアルセットがあるか、ポイント、値引き、返金、返品保証、保証などの情報を紹介する予定です。公式サイトやブログ、コマーシャル、CMなどを情報源に、口コミ、クチコミ、レビュー、使用方法、選び方、飲み方、服用方法などを調べて、感想、評価、評判などを参考に、効果、結果、成果、メリット、デメリットなど、人気ランキング形式などで比較していきます。ヤフオク、在庫、在庫有り、即納、正規、正規品かどうか、YouTube、動画、NAVERまとめ、アットコスメなどからの情報についても調査していきます。