小学生ワキ毛情報

子供のムダ毛処理につて親が知っておくべきことは・・・

子供のムダ毛について調べてみたのですが、
気にしている子供は中学生のほうが多いようです。
中学生はお友達も同じようにムダ毛の悩みを持っている
のでトークの話題もムダ毛の処理について
話しをしているようです。

また、中学生は処理も自分で出来ますから、ある程度任せておいても大丈夫かなと思います。

しかし小学生の場合は違います。
最近は成長が早い子が多くなってきたとは言え
まだまだクラスの中では数人程度。
お友達と盛り上がるというわけには行かないようですし、
一人だけ毛が生えてることに戸惑ったり、それが元でいじめにあったり
することもあるようです。

ある程度親のサポートも必要になってくるのではないでしょうか。

しかし、どのように子供のムダ毛を処理していいかわからないという親御さんも
おられるようです。

Question
● 小学生のうちからムダ毛処理するべきなのか?
● 小学生は肌が柔らかいからムダ毛処理をしても大丈夫なのか?
● どのような方法で処理すればいいのか?

確かに小学生ですから肌も柔らかいし、間違った方法で処理してしまうと
肌荒れの原因になったり、角質を傷つけてしまうことにもなりかねません。

しかしムダ毛が生えていることに悩んでいる子供をほおっておくことはできない
なるべく刺激の少ない方法はないかと悩んでいる親御さんが多くいることがわかりました。

その答えとして多かったのは脱色でした。

脱色は小学生に適したムダ毛処理なのかしらべてみました。

脱色というのはムダ毛を肌の色と同じような色にして、
目立たなくしてしまう方法で、いわゆる美容院などでやる
カラーリングのような方法です。

やり方としてはオキシドールやブリーチ剤をムダ毛が生えているところに

塗って、数分後に洗い流すという方法です。

家庭で手軽にできる方法なので腕や足などのように完全に脱毛してしまわなくてもいい部分に
している若い女性は多いようです。

カミソリのように刃を直接肌に当てるわけではないので
肌を切ってしまう事がはないので、肌トラブルも少ないと考えている人が多いのだと思います。
ですが、脱色する薬剤は自然なものではなく、体にいいものではないので肌トラブルを起こすリスクは
高いと思います。

小学生の柔らかい肌には刺激が強すぎる方法なのでおすすめできません。

脱毛サロンは小学生に適したムダ毛処理なのかしらべてみました。

小学生でも脱毛サロンで脱毛をしているという親御さんもおられました。

小学生はまだまだ成長段階。成長ホルモンが活発に分泌される時です。
生理がある子でも毎月定期的に生理が来る子は少ない
のではないでしょうか?

だから、脱毛サロンによっては生理周期が毎月定期的にある子供、
16歳くらいからでないと契約できないという所もあるようです。

成長ホルモンが活発な小学生は脱毛サロンへ通っても
完全に脱毛できるということはないようです。


また、3歳から脱毛できるサロンというのもあり、低年齢の子供でも痛みを感じないで
できるハイパースキン脱毛という方法もあるようです。

毛の種にダメージを与えてムダ毛を生えてこないようにする方法で、
肌が弱い方でも受けられるようです。

しかし、1ヶ月に1回程度の施術で、10回ほど通う必要があるようです。
光脱毛などと比べると効果は高いようですが即効性はないようです。

まとめ

● 脱色は刺激が強すぎるので適していない。
● 脱毛サロンはホルモン分泌が活発な小学生にはまだ早い

うちの娘も小4です。
ワキ毛もムダ毛も生えていますが気にしている時もあれば忘れて見えてても
平気な時もあります。

小学生はサロンに通うより、元気に遊ぶ時間の方が大事だと思います。
また、完璧な脱毛じゃなくてもいいのです。目立たなくなる程度で
高額な脱毛処理より手軽で刺激の少ない方法で保湿をしっかりしてあげていれば
いい
のではないでしょうか

子供の性格にもよるのかもしれませんが、学校に行けないほど悩んでいるという場合は
脱毛サロンへ通うのも一つの方法だと思います。

デリケートゾーンの脱毛について調べてみました。

デリケートゾーンのムダ毛処理は小学生にはまだ早いかもしれません。
また、既に生えているけど特に処理はしていないという方もおられるかもしれません。
だけど、小学生でもいずれ悩む事になるデリケートゾーンのムダ毛について
気になったので調べてみました。

デリケートゾーンの脱毛は日本でもとても評判になっています。
以前は海外セレブがやっている脱毛処理だと思っていましたが
日本の脱毛サロンでも定着しつつあるようです。

● 若い女性の間では水着からムダ毛がはみ出ないように、
● 大胆な服を着たい、
● 彼氏に好感を得たい、

と言う思いからデリケートゾーンの脱毛は必要なものと考えられているようです。
しかし、部分的に自分でやるのはとても危険です。皮膚が柔らかいし、
粘膜に近いので雑菌も入りやすい部分です。

若い女性の間ではVラインをお風呂の時にカミソリで剃るという方もおられますが
カミソリで剃ると肌荒れや、埋没毛の原因にもなりかねません。

また、お風呂場は湿気が多いので雑菌が発生しやすく
、 いつもカミソリをお風呂場に置いてるとカミソリにも雑菌が付着しています。

とても危険なので自分で処理するのではなく脱毛サロンで専門家に施術
してもらうことをおすすめします。


最近はVIO脱毛という方法も人気のようです。
とても複雑になっているデリケートゾーンのムダ毛を処理する方法でメリットとしては

★ デリケートゾーンを清潔に保てる
★ 生理の時でも蒸れたりしない
★ 嫌な臭いがしない
★ 快適に過ごせる
★ 水着を着る時も短い毛がはみ出てないか気にすることなく着ることができる

などです。

しかしデメリットもあるようです、
デリケートゾーンは皮膚が薄く柔らかい上に
毛が濃いいので痛みも伴うようです。

痛みの度合いは人ぞれぞれ感じ方が違うようですが、
肌が乾燥していると痛みを感じやすいということもあるようです。

痛みに弱い人には最新技術で痛みを軽減したサロンもあるようですよ。

女の子にとってはムダ毛の処理は成長するとともに悩みが増えていくものです。
私たち親がそうであったように、女の子にとっては大事なスキンケアの一つでもあります。

私たちの頃と違って今は情報が沢山あります。
自分で調べようと思えばネットで簡単に検索できます。

しかし間違った情報と言うのも多くあります。

デリケートゾーンの処理の仕方は小学生にはまだ早いかもしれません。
しかし必ず通る道ですから正しい知識を教えてあげることが大事ではないかと思います。

間違った処理の仕方をしてしまって将来後悔するようなことのないように、
娘が中学、高校と成長しても年齢に応じた処理の仕方を親としてアドバイスできればいいなと思います。

このページではサイト訪問者の方々が格安価格で通販や申し込みが出来るように楽天などの販売店を調べ、激安、格安、最安値、送料無料で購入できるか、無料、お試し、トライアルキット、トライアルセットがあるか、ポイント、値引き、返金、返品保証、保証などの情報を紹介する予定です。公式サイトやブログ、コマーシャル、CMなどを情報源に、口コミ、クチコミ、レビュー、使用方法、選び方、飲み方、服用方法などを調べて、感想、評価、評判などを参考に、効果、結果、成果、メリット、デメリットなど、人気ランキング形式などで比較していきます。ヤフオク、在庫、在庫有り、即納、正規、正規品かどうか、YouTube、動画、NAVERまとめ、アットコスメなどからの情報についても調査していきます。